三井住友中国株
ニュー チャイナ ファンド

日記

外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)とは

三井住友 ニュー チャイナ ファンド等の投資情報についてをご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/為替 の情報>

外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)とは、
少額の証拠金(保証金)を業者に預託し、
差益決済による通貨間の売買を行なう取引をいう。
「FX」、「通貨証拠金取引」、「外国為替保証金取引」などともいう。

日本では1998年(平成10年)に外国為替及び外国貿易法が改正されて
ダイワフューチャーズ(現ひまわり証券)などが取り扱いを開始、
ブロードバンドの普及も手伝って市場が急速に拡大した。

商品先物会社、証券会社のほか、本取引を専業で取り扱う業者もある。
取引内容によってはハイリスク・ハイリターンとなるため、
外国為替相場に関する十分な知識や経験を要する。
<主な関連ブログ>
ドル上がって〜/中国、地方政府による不動産市場規制措置の履行状況を調査=.../中国、地方政府による不動産市場規制措置の履行状況を調査=.../外国為替>外貨証拠金取引>FX>外貨預金>外国為替証拠金取.../信用取引、中国株、楽天証券、マーケットスピード、格安手数.../魅力の料金体系 コスモ証券オンライントレード/【相場雑観】 宗旨替え ”End of Goldilocks”/投資:外国為替証拠金取引:FX:メルマガ/パソコン「需要」も急拡大/HSBCロシア/3日連続マド空けは要注意!/株式情報解析ソフト、的中、株式投資、パソコンサポート、株...

日記

為替は売買か貸付か

三井住友 ニュー チャイナ ファンド等の投資情報についてをご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/為替 の情報>

為替は売買か貸付か
為替は本来商取引に伴う貨幣運搬のリスクと流通経費の発生を避けるために同一(あるいは近隣)地域内の代金決済に振り替えるものである。

この関係の発生の仕組みを代金受け取り(あるいは相殺する)権利の売買と看做すか、一定期日に返済を行う事を前提とする一種の利息(為替の売買の際に発生する差益が利息であるとする)を伴う信用貸付であるのかが中世以来ずっと議論されてきた。

利息を伴った貸付を禁じる一方で為替の運用で資金の安定供給を得ていた教皇庁の立場の影響を受けているヨーロッパ大陸では前者を支持する意見が強く、宗教改革や重商主義でこれらの国々と競ってきたイギリスでは後者の意見が強い。

この論争はマルクス経済学の影響で日本にも伝えられ、戦後のマルクス経済学者間で激しい論争が行われたと言う。
<主な関連ブログ>
宮内被告も実刑 ライブドア事件、懲役1年8月 「犯行に深.../Beijing Bubble Building: China’s National Swim Center/ローン…楽天…ご融資最大300万…キャッシング/メルマガ「元外交官・原田武夫の「世界の潮目」を知る」最新.../外国為替証拠金取引=FX=比較/日米金利見据え 円高警戒感/自己分析/投資家>不動産>不動産投資>投資/2500万ドルに縛られた北朝鮮、中国に反発/完全成果報酬型&メルマガ&発行&会員獲得代行サービス&メ.../ドル安と円安の同時進行/りそな銀行 女性も歓迎/柔軟審査の金融業者100社以上を紹介!/風邪の野郎!/ト→クに使える 日経ネタ (家計331兆円失う、超低金利下で...

日記

西洋における為替の歴史

三井住友 ニュー チャイナ ファンド等の投資情報についてをご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/為替 の情報>

西洋における為替の歴史
中世の為替取引には今日の鋳貨同士による両替に相当する小口為替(petty exchange)とそこから派生した証券を仲介とする証書為替(exchange by bills)が存在した。今日の為替取引の原型は後者にあたる。13世紀の北イタリアの都市で両替に伴う貨幣運搬の危険性を避けるために公証人を間に立てて支払いを取り決めた公正証書を作成させたのが始まりとされている(※)。

この仕組みが促進させたのは当時の教会と大商人たちである。前者はローマ教皇が10の1税を徴収するために行われたもので、各キリスト教国で徴収事務を扱った両替商がその税収を原資としてローマやイタリア各地にある教皇庁御用の両替商や大商人の為に物資を販売し、その売掛金の代金受け取りを約束した公正証書を教皇庁に送り、教皇庁が御用商人から売掛金を回収する事で税収相当の金銭を得ていた。

後者は代金支払いのためにシャンパーニュの大市などの大市を確定日として振り出された手形を振出人からの商品購入希望者が購入して大市当日において振出人からの商品購入の代金の代わりに手形を提示して相殺して商品を入手した。やがて後者は15世紀頃に従来の持参人支払いの公正証書から現在の為替手形の形式に変わっていく事になる。

※…古代バビロニアや古代エジプト、8世紀のイスラム帝国にも為替手形は存在したと言う説もある。ただし、今日の為替の仕組みに直接繋がる可能性は低く、たとえ実在するとしても起源とするのには不適切だとするのが一般的である。

日記

江戸の為替

三井住友 ニュー チャイナ ファンド等の投資情報についてをご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/為替 の情報>

江戸時代の為替
日本で最古の為替の仕組みは室町時代の大和国吉野で多額の金銭を持って山道を行くリスクを避けるために考えられ、寛永年間に江戸幕府の公認を受けた制度であるとされている。吉野には大坂などの周辺地域の商人も出入しており、大坂商人の為替はこれを参照したとする説もある。

江戸時代の日本では、政治・消費都市である江戸と経済的中心である大坂(更に商工業が発展した都・京都を加える場合もある)の間で商品の流通が盛んになった。それは多額かつ恒常的な貨幣流通の需要を生じさせるとともに、支払手段としての貨幣機能の発展、信用取引の発展を促して、両替商あるいは大都市それぞれに店舗を持つ大商人を仲介とした為替取引を発達させた。

例えば、江戸の住人・「甲」が金100両を大坂在住の「乙」に送金する場合、江戸の両替商「丙」に100両を預けて、「丙」は代わりに為替手形と置手形の2通を作成して「甲」に渡す。「甲」は為替手形のみを「乙」に渡して、置手形は保管する。

「乙」は為替手形の裏側に裏書を行った後に「丙」によって指定された大坂の「丁」(「丙」の支店あるいは取引先である事が多い)に為替手形を渡して金100両を受け取る。その後、「丁」は「丙」に返送して、「乙」の裏書を証拠として「甲」から置手形を取り戻した。

この他にも両替商間で予め一定額限度で相手側からの支払要請の受理を保証する事を約束しあった空置手形や、予め両替商に預け入れている事を示す預金証書である預り手形や預金者が預金先である両替商に対して振り出す振手形などが存在し、最終的には「丙」と「丁」の間における相互の手形の差引及び相殺によって処理した。

特に江戸・大阪間では消費都市である江戸の商人達からの支払のための手形と商業都市である大坂からの江戸幕府の大坂城御金蔵や諸藩の蔵屋敷における米や物産の売却代金を幕府中枢及び諸藩の江戸屋敷に御用両替商を通じて送金するための手形(幕府ではこれを「公金(江戸)為替」と称した)が行き交っており、

大坂の両替商は幕府や諸藩から依頼された送金用の金銭で江戸から流れてきた江戸からの支払用の手形(下為替)を買い入れて(国内為替市場の形成)、江戸の両替商に送り、江戸の両替商はそれを江戸の商人達から取り立ててその代金を大坂の両替商に代わって幕府や諸藩に納付していた。

こうした手形のやり取りが両替商達の信用力を高めて行くとともに、集められた資金は投資や貸付資金などにも流用されて、日本の近代資本主義の成立に欠かせない信用機関の発展と都市商業資本の集積に貢献したとする見方が強い。

それだけに江戸幕府崩壊と廃藩置県に伴う、経済構造の変化は為替に対する信用不安を生み出す可能性が出てきた。このため、明治政府は遅々として進まない商法典制定の中でいち早く手形・為替関連法を整備するとともに、国立銀行の設置などの金融政策を取っていく事になった。

日記

為替(かわせ)とは

三井住友 ニュー チャイナ ファンド等の投資情報についてをご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/為替 の情報>

為替(かわせ)とは、手形や小切手、郵便為替、銀行振込などによって金銭を決済する方法である。遠隔地への送金手段として、現金を直接送付する場合のリスクを避けるために用いられる。特に輸出入をする際に用いられている。

日本では江戸時代の大坂を中心に為替(手形)による取引が発達して、当時の世界ではもっとも優れた送金システムを築き上げた。主に次の2種類に分けられる。

内国為替  
金融機関が、国内の遠隔地で行われる債権・債務の決済を、
現金の移送を行わずに決済する方法。

外国為替  
通貨を異にする国際間の貸借関係を、現金を直接輸送することなく、
為替手形や送金小切手などの信用手段によって決済する方法。  
また、外国為替を利用した金融派生商品に「外国為替証拠金取引」がある。

日記

通貨圏

三井住友 ニュー チャイナ ファンド等の投資情報についてをご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/世界経済 の情報>

現代のように、通貨が統合されていない状況においては基本的な経済単位が通貨圏(ほとんどの場合、国民経済圏)になる。しかし、グローバリゼーションの進展により国際経済が発展し各国の国民経済は連動性を強めている。このようにあたかも一つの経済圏のように連動していることから世界経済と呼ばれている。

各国の国民経済の動向は、必ずしも世界経済の動向とは合致しない。それは、世界経済がそれ以上に広い枠組みを持たないことから合成の誤謬が発生するためである。
例として、ある国が貿易収支をプラスにしようと努力し成功すれば貿易収支がプラスになるが、世界すべての国が貿易収支を同時にプラスにすることは出来ない。

それは、ある国の貿易黒字が世界の複数の国の貿易赤字を意味するからである。
また、各国の経済成長は足並みがそろうとは限らず、世界経済の成長率を上回る経済成長率を達成する国も出てくる。そういった国は世界の機関車として期待を集める。

日記

国際金融市場の多極化

三井住友 ニュー チャイナ ファンド等の投資情報についてをご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/ニューヨーク金融市場 の情報>

国際金融市場の多極化
しかし1971年8月の金交換停止以来の国際通貨としての役割の動揺と世界的な変動為替相場制は、国際金融市場の場所的多極化をもたらしており、今日、フランクフルト、チューリヒ、パリ、アムステルダム、東京その他でも、かなりの規模の国際金融取引が行われている。

1950年代以後、アメリカ合衆国の国際収支の継続的赤字が世界にドルを散布し、過剰ドルの時代となるやユーロダラー市場が、またアメリカの対外投融資規制や多国籍企業の活動とあいまってユーロ債市場が出現した。これらは、国内金融市場と一体化した伝統的な国際金融市場と異なり、国境の制約を超えた新しい国際金融市場である。

20世紀の末には、ロンドンはユーロダラー市場の中心地としての地位を確立し、パリやフランクフルトにも活発なユーロカレンシー市場が存在する。その結果、ドル金融をロンドンに奪われたアメリカは、非居住者間の金融取引に租税や為替管理上の特典を与えているオフショア・センターとして、1981年ニューヨークに国際金融ファシリティを設立した。

またオフショア・センターはバハマ、ケイマン諸島、パナマ、バーレーンなどが租税回避地として、またアジアダラー市場としてはシンガポール、香港が急速に発展してきた。1986年12月、東京オフショア市場も創設された。

21世紀初頭の市場で大きなウェイトを占めた金融派生商品については、1972年にシカゴ商業取引所で通貨先物取引が開始され、1975年にはシカゴ商品取引所で初めて金利先物が上場された。その後1982年にシカゴ商業取引所で株価指数先物・株価指数先物オプション、シカゴ商品取引所で債券先物オプションが導入された。

店頭取引として通貨スワップや金利先渡取引が行われた。こうしたデリバティブ取引は1982年イギリスのロンドン国際金融先物取引所、1984年シンガポールのシンガポール国際金融取引所、1989年日本の東京金融先物取引所、1985年日本の東京証券取引所をはじめ、世界各地の取引所で上場された。

1990年代に入ってこれら取引所では電子端末入力による付合せ方式で価格が決定されるコンピューター・システムが導入された。

日記

国際金融市場の発生

三井住友 ニュー チャイナ ファンド等の投資情報についてをご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/ニューヨーク金融市場 の情報>

国際金融市場の発生
13世紀から15世紀にかけてイタリアのベネチア、ジェノヴァ、フィレンツェ、ローマ、フランスのシャンパーニュ、リヨン、ブザンソン、パリ、アビニョンなどの諸都市の定期市において、外国為替市場が組織された。16世紀から17世紀の間にはアントワープ、17世紀末にはアムステルダムやロンドンが重要な外国為替センターとなり、そこで国際金融取引が行われたが、国際金融市場の名にふさわしいものは19世紀半ば以降のロンドンである。さらに第一次世界大戦後、とくに第二次世界大戦後はニューヨークが台頭してきた。

19世紀半ばから20世紀にかけてのロンドンは、これらの条件をすべて満たす世界の一大国際金融センターであった。

1816年の金本位制採用から1914年の金本位制度停止までの100年近く維持された金平価によるポンドの信認のもとに各種の多角的決済はロンドンで行われ、世界の金、商品、長短期資本、海運、保険の諸取引はロンドンを中心市場とし、ポンド建信用状付荷為替手形のロンドンにおける引受・割引信用は、第三国間の貿易においても広く用いられ、ロンドンを世界の貿易金融の中心地とした(シティの項目も参照してほしい)。

しかしながら第一次世界大戦以後のポンドの弱体化はロンドンの地位の退潮をもたらし、ニューヨークが台頭した。とくに第二次世界大戦後ドルは取引通貨、準備通貨の地位を高め、各国間の国際決済は在米銀行へのドル預金残高の振替によって行われ、ニューヨークの銀行引受手形市場は世界の貿易金融に用いられた。

日記

ニューヨーク金融市場

三井住友 ニュー チャイナ ファンド等の投資情報についてをご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/ニューヨーク金融市場 の情報>

ニューヨーク金融市場(ニューヨークきんゆうしじょう)とは、
ニューヨークのマンハッタン島の南端の一角すなわちウォール街を中心とした金融市場である。この地区は、アメリカ合衆国のみならず世界最大の金融センターであり、ロンドンをしのぐ規模の金融市場、証券市場および外国為替市場がある。

ここにはアメリカの超大銀行や一流の証券会社の本店が軒を並べ、そのほかに諸外国の大銀行や大手証券会社の支店、子会社を含め莫大な数の金融関係企業が集中している。

ニューヨークはまずアメリカ自体の金融センターであり、アメリカ中の資金需給が最終的にここに集まり、翌日ものというごく短期の金融から10年、20年という長期金融や債券発行まで、あらゆる種類の金融、資本取引が行われ、長短期にわたる各種の金利が形成されている。

同時にニューヨークは国際金融市場として、貿易金融を含む外国との間の長短期の貸借、外国からの預金、投資信託、債券、株式などへの投資、外国政府や企業による債券発行など、国際的な資本、資金の調達と運用が行われる場である。ニューヨーク金融市場がこのような国際的地位を高めてきたのは、第一次世界大戦後アメリカ経済がイギリスと並んで世界経済のなかで重要な地位を占め、とくにその通貨たるドルが、イギリスのポンドと並んで国際的な決済通貨ないし準備通貨として広く使用されるようになったからである。

それ以来、伝統あるロンドン市場との間に国際金融の主導権争いが続いたが、1929年の株式市場の崩壊にはじまった世界大恐慌は、1933年の銀行恐慌をピークとしてニューヨーク金融街に大打撃を与え、その国際的地位も大きく影響を受けた。

日記

国際金融市場の多極化

三井住友 ニュー チャイナ ファンド等の投資情報についてをご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/国際金融市場 からの情報>

国際金融市場の多極化
しかし1971年8月の金交換停止以来の国際通貨としての役割の動揺と世界的な変動為替相場制は、国際金融市場の場所的多極化をもたらしており、今日、フランクフルト、チューリヒ、パリ、アムステルダム、東京その他でも、かなりの規模の国際金融取引が行われている。

1950年代以後、アメリカ合衆国の国際収支の継続的赤字が世界にドルを散布し、過剰ドルの時代となるやユーロダラー市場が、またアメリカの対外投融資規制や多国籍企業の活動とあいまってユーロ債市場が出現した。これらは、国内金融市場と一体化した伝統的な国際金融市場と異なり、国境の制約を超えた新しい国際金融市場である。

20世紀の末には、ロンドンはユーロダラー市場の中心地としての地位を確立し、パリやフランクフルトにも活発なユーロカレンシー市場が存在する。その結果、ドル金融をロンドンに奪われたアメリカは、非居住者間の金融取引に租税や為替管理上の特典を与えているオフショア・センターとして、1981年ニューヨークに国際金融ファシリティを設立した。またオフショア・センターはバハマ、ケイマン諸島、パナマ、バーレーンなどが租税回避地として、またアジアダラー市場としてはシンガポール、香港が急速に発展してきた。1986年12月、東京オフショア市場も創設された。

21世紀初頭の市場で大きなウェイトを占めた金融派生商品については、1972年にシカゴ商業取引所で通貨先物取引が開始され、1975年にはシカゴ商品取引所で初めて金利先物が上場された。その後1982年にシカゴ商業取引所で株価指数先物・株価指数先物オプション、シカゴ商品取引所で債券先物オプションが導入された。店頭取引として通貨スワップや金利先渡取引が行われた。

こうしたデリバティブ取引は1982年イギリスのロンドン国際金融先物取引所、1984年シンガポールのシンガポール国際金融取引所、1989年日本の東京金融先物取引所、1985年日本の東京証券取引所をはじめ、世界各地の取引所で上場された。1990年代に入ってこれら取引所では電子端末入力による付合せ方式で価格が決定されるコンピューター・システムが導入された。

日記

国際金融市場の発生

三井住友 ニュー チャイナ ファンド等の投資情報についてをご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/国際金融市場 からの情報>

国際金融市場の発生
13世紀から15世紀にかけて
イタリアのベネチア、ジェノヴァ、フィレンツェ、ローマ、
フランスのシャンパーニュ、リヨン、ブザンソン、パリ、アビニョンなどの
諸都市の定期市において、外国為替市場が組織された。

16世紀から17世紀の間にはアントワープ、
17世紀末にはアムステルダムやロンドンが重要な外国為替センターとなり、
そこで国際金融取引が行われたが、国際金融市場の名にふさわしいものは
19世紀半ば以降のロンドンである。

さらに第一次世界大戦後、とくに第二次世界大戦後はニューヨークが台頭してきた。
19世紀半ばから20世紀にかけてのロンドンは、これらの条件をすべて満たす世界の一大国際金融センターであった。

1816年の金本位制採用から1914年の金本位制度停止までの100年近く維持された金平価によるポンドの信認のもとに各種の多角的決済はロンドンで行われ、世界の金、商品、長短期資本、海運、保険の諸取引はロンドンを中心市場とし、ポンド建信用状付荷為替手形のロンドンにおける引受・割引信用は、第三国間の貿易においても広く用いられ、ロンドンを世界の貿易金融の中心地とした(シティの項目も参照してほしい)。

しかしながら第一次世界大戦以後のポンドの弱体化はロンドンの地位の退潮をもたらし、ニューヨークが台頭した。とくに第二次世界大戦後ドルは取引通貨、準備通貨の地位を高め、各国間の国際決済は在米銀行へのドル預金残高の振替によって行われ、ニューヨークの銀行引受手形市場は世界の貿易金融に用いられた。

日記

国際金融市場の条件

三井住友 ニュー チャイナ ファンド等の投資情報についてをご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/国際金融市場 からの情報>

国際金融市場の条件
ある国の金融市場が国際金融市場であるためには、
次のような条件をできるだけ多く満たす必要がある。

当該国の通貨が国際取引通貨、準備通貨として広く使われていること。そのためには通貨の金への交換性あるいは政治・経済力を背景として通貨の信認が得られていなければならない。

この通貨の信認のもとに、各国の銀行はその金融中心地に当該国通貨の預金勘定をもち、その金融中心地が世界の決済地として機能する。

組織的な長短期金融市場の存在。世界各国の資金が集中し、そこで資金の調達・運用が行われるためには、長短期の金融市場と金融機関が存在し、世界の銀行の機能を果たしていなければならない。

外国為替市場の存在。通貨を自由に交換でき、外国送金、金利裁定、為替ヘッジなどの便宜を提供する外国為替市場の存在は不可欠である。
国際金融取引や外国為替取引の規制が存在しないこと。

世界的な商品・海運・保険市場の存在。
通信・情報処理のインフラストラクチャーと金融エキスパートの存在。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。