三井住友中国株
ニュー チャイナ ファンド

日記

国際金融市場の発生

三井住友 ニュー チャイナ ファンド等の投資情報についてをご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/国際金融市場 からの情報>

国際金融市場の発生
13世紀から15世紀にかけて
イタリアのベネチア、ジェノヴァ、フィレンツェ、ローマ、
フランスのシャンパーニュ、リヨン、ブザンソン、パリ、アビニョンなどの
諸都市の定期市において、外国為替市場が組織された。

16世紀から17世紀の間にはアントワープ、
17世紀末にはアムステルダムやロンドンが重要な外国為替センターとなり、
そこで国際金融取引が行われたが、国際金融市場の名にふさわしいものは
19世紀半ば以降のロンドンである。

さらに第一次世界大戦後、とくに第二次世界大戦後はニューヨークが台頭してきた。
19世紀半ばから20世紀にかけてのロンドンは、これらの条件をすべて満たす世界の一大国際金融センターであった。

1816年の金本位制採用から1914年の金本位制度停止までの100年近く維持された金平価によるポンドの信認のもとに各種の多角的決済はロンドンで行われ、世界の金、商品、長短期資本、海運、保険の諸取引はロンドンを中心市場とし、ポンド建信用状付荷為替手形のロンドンにおける引受・割引信用は、第三国間の貿易においても広く用いられ、ロンドンを世界の貿易金融の中心地とした(シティの項目も参照してほしい)。

しかしながら第一次世界大戦以後のポンドの弱体化はロンドンの地位の退潮をもたらし、ニューヨークが台頭した。とくに第二次世界大戦後ドルは取引通貨、準備通貨の地位を高め、各国間の国際決済は在米銀行へのドル預金残高の振替によって行われ、ニューヨークの銀行引受手形市場は世界の貿易金融に用いられた。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36617176
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。