三井住友中国株
ニュー チャイナ ファンド

日記

ニューヨーク金融市場

三井住友 ニュー チャイナ ファンド等の投資情報についてをご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/ニューヨーク金融市場 の情報>

ニューヨーク金融市場(ニューヨークきんゆうしじょう)とは、
ニューヨークのマンハッタン島の南端の一角すなわちウォール街を中心とした金融市場である。この地区は、アメリカ合衆国のみならず世界最大の金融センターであり、ロンドンをしのぐ規模の金融市場、証券市場および外国為替市場がある。

ここにはアメリカの超大銀行や一流の証券会社の本店が軒を並べ、そのほかに諸外国の大銀行や大手証券会社の支店、子会社を含め莫大な数の金融関係企業が集中している。

ニューヨークはまずアメリカ自体の金融センターであり、アメリカ中の資金需給が最終的にここに集まり、翌日ものというごく短期の金融から10年、20年という長期金融や債券発行まで、あらゆる種類の金融、資本取引が行われ、長短期にわたる各種の金利が形成されている。

同時にニューヨークは国際金融市場として、貿易金融を含む外国との間の長短期の貸借、外国からの預金、投資信託、債券、株式などへの投資、外国政府や企業による債券発行など、国際的な資本、資金の調達と運用が行われる場である。ニューヨーク金融市場がこのような国際的地位を高めてきたのは、第一次世界大戦後アメリカ経済がイギリスと並んで世界経済のなかで重要な地位を占め、とくにその通貨たるドルが、イギリスのポンドと並んで国際的な決済通貨ないし準備通貨として広く使用されるようになったからである。

それ以来、伝統あるロンドン市場との間に国際金融の主導権争いが続いたが、1929年の株式市場の崩壊にはじまった世界大恐慌は、1933年の銀行恐慌をピークとしてニューヨーク金融街に大打撃を与え、その国際的地位も大きく影響を受けた。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36617470
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。